ロゴマーク

会期:2017年9月28日(木)〜29日(金)

クラーク博士

会場:京王プラザホテル札幌 大会長:野平 久仁彦

Back to surgery  ライブとビデオで手術を理解する

参加者の皆様へ

1. 学術集会参加の方へ

学術集会:2017年9月28日(木)・29日(金)

(1)受付開始時間

9月28日(木) 7:30~17:30
9月29日(金) 7:30~15:30

(2)参加費

参加費をお支払いの上、参加証をお受け取りください。
参加証には所属・氏名をご記入の上、会場内では必ずご着用ください。
参加証を着用していない方の入場はお断りいたします。
※現金のみ、カードのお支払は不可です。

参加費 備考
会員 20,000円
非会員(一般) 50,000円 事前承認を得た方、抄録集代金を含む
研修医(前期) 15,000円 事前承認を得た方、抄録集代金を含む
メディカルパートナー 10,000円 事前承認を得た方、抄録集代金を含む
学部学生 10,000円 学生証の提示が必要
会員同伴者 5,000円 会員の配偶者で事前承認を得た方、懇親会費を含む
懇親会費 3,000円 会員同伴者以外

非会員、研修医、メディカルパートナー、会員同伴者の参加申請方法

本会ホームページ「非会員のみなさまへ」より参加申込書をダウンロードし、事前申請を行ってください。

※当日は申込書をご持参の上、参加受付にご提出ください。

※研修医、メディカルパートナー(医師以外の医療従事者、病院スタッフ)は、所属長の証明(押印)がない場合、受付できませんので、ご注意ください。

(3)プログラム・抄録集

別途購入希望の方やお忘れの方は、総合受付にて1冊2,000円でご購入ください。

(4)懇親会

9月28日(木)18:15より
京王プラザホテル札幌 2階「エミネンスホール」

(5)駐車場

事務局では用意しておりません。各自有料駐車場をご利用ください。

(6)クローク

京王プラザホテル札幌 2階のクロークをご利用ください。

(7)昼食

ランチョンセミナーおよび館内のレストランなどをご利用ください。

(8)録画・録音・写真撮影について

会場内スライドの写真撮影、収録、および録音等は、総会事務局より事前に許可された方以外、全て禁止します。
近年、本学会総会においても演者からの苦情が多数寄せられております。
各演者が学会で発表するスライドは、著作権・肖像権に係わるものであり、患者様から学会の閉鎖環境でのみ開示する旨の承諾を得て写真等をスライドに使用しております。
写真や動画等がインターネット上に流失した場合、個人情報保護管理の面で演者本人のみならず日本美容外科学会の存続に係わる重大な社会問題へと発展いたしかねません。
万が一これらの禁止行為を発見した場合は、立会いのもとデータはその場で消去の上、参加証は没収し、即刻学会場より退出していただきます。
なお、然るべき法的処置を取らせていただく場合もございます。
これらの禁止行為は犯罪です。皆さまのご理解ご協力をお願い申し上げます。
また、禁止行為を発見した場合には、スタッフまで通報してください。

(9)マスコミ取材

事前に会長の許可を必要とします。
運営事務局(E-mail:jsaps40@congre.co.jp)にご連絡ください。

(10)宿泊のお申し込み

本会ホームページ「宿泊案内」のサイトよりお申込みください。
他学会や観光シーズンと重なり、予約が取りにくくなっておりますので、お早目にご予約ください。

2. 演者・座長の方へ

(1)筆頭演者の利益相反の開示について

筆頭発表者は該当する利益相反状態について、発表スライドの最初に、本会ホームページの開示要項に従って開示してください。
また、発表内容に未承認の医薬品、医療機器、医療材料が含まれている場合、学会当日のご発表に際しまして、医療機器名・会社名などを述べていただき、日本では未承認であること、そして金銭面では利益相反がないことを明確にご提示いただきますようお願い申し上げます。
なお、利益相反の有無に関しましては、抄録本文内に記載してあります。

(2)全発表演題:PCプレゼンテーションに限定いたします。

PCプロジェクターは、会場内に各1台、正面投影のみです。

  • PCの仕様
    会場にご用意するPCのOSはWindows 7です。また、アプリケーションソフトはMicrosoft PowerPoint 2007/2010/2013/2016です。Macintoshには対応しておりませんので、ご利用になる場合は、動作確認済みのPCをご持参ください。
  • 発表データの仕様
    • 発表データは、Windows版PowerPoint 2007/2010/2013/2016でご提出ください。
      会場のPCは全て、XGA(1024×768)に統一してあります。ご自身のPCを使用される場合、解像度をXGAに合わせてからレイアウトをご確認ください。
    • 発表データは、USBメモリーまたはCD-Rに限ります。
      CD-Rにデータをコピーされる場合、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したCDのセッションを閉じる)作業を必ず行ってください。作業が行われなかった場合、データを作成されたPC以外で開くことができなくなります。また、Macintosh版PowerPointで作成されたデータをメディアで持ち込まれる場合、互換性が損なわれる可能性がありますので、事前にご確認ください。
    • 動画(PowerPointのアニメーション機能は除く)については、Windows Media Player(MPEG1、およびAVI形式)にて再生可能なものをご使用ください。動画ファイルには、拡張子(.wmv)を必ず付けてください。
    • 文字化け、画面レイアウトのバランス異常を防ぐ為、フォントは、PowerPointに標準設定されているTrue Typeフォントをご使用ください。下記のフォントを推奨いたします。
      日本語 MS 明朝・MSP 明朝・MS ゴシック・MSP ゴシック
      英 語 Arial・Century・Times New Roman

      ※学会当日、データの文字化け、画面レイアウトのバランス異常などは、主催者側で修正いたしかねますので事前に十分ご確認ください。

  • 当日のお願い
    • 発表当日、必ずPC受付にお越しください。
      セッション開始30分前までに、発表データの受付、試写(動作確認)を終了させてください。
      発表用のデータは、PC受付にてコピーをお預かりし、メディアはその場でお返しします。また、発表終了後、データは主催者側で責任を持って消去します。
    • PCをご持参になる場合、PCの機種、OS及びアプリケーションソフトの種類は問いません。
      スクリーンセーバー、および省電力設定は事前に解除してください。
      また、プロジェクターのコネクターは、D-sub15ピン(ミニ)です。
      それ以外のコネクター、および電源コードに関しては、ご持参ください。
    • 今回の各セッションでは動画の発表が多いため、持参のPC不調時に備えて、必ずバックアップデータをご持参されることをお勧めいたします。
    • 発表時のスライドの操作は演台上のマウス・操作ボックスをご使用ください。
    • PCをご持参された方は、発表終了後、降壇時に各会場のPCオペレーター席にてPCをお受け取りください。
    • 次演者は前演者の講演開始と同時に次演者席にお着きください。

(3)一般演題の講演時間

一般演題(口演)は、発表7分、討論3分です。
終了予定時刻の1分前に黄ランプ、終了時には赤ランプでお知らせいたします。発表時間を厳守してください。

(4)その他の講演時間

セッション名 演題名 発表+質疑 総合
討論
Interactive Video 1 Asian Blepharoplasty 20分+20分
Interactive Video 2 よく着く脂肪注入法はこれだ 20分+20分
Interactive Video 3 陥没乳頭 20分+10分
Interactive Video 4 私の下眼瞼形成術 更なる改善 20分+20分
Interactive Video 5 鼻形成術 20分+20分
パネル
ディスカッション
美容外科教育
われわれが行っている美容外科教育
12分+
特別発言5分
ビデオパネル 眼瞼下垂手術における上眼瞼形成術
美容外科にとっての眼瞼下垂手術を考える
20分
ビデオパネル 鼻翼縮小術
-単独で良い場合悪い場合
20分
ビデオパネル 鼻唇溝・マリオネットラインの改善には何が
効果的なのか-手術と注入
20分
ビデオパネル 乳房再建健側の乳房縮小術
私が薦める方法
20分
ビデオパネル 鼻中隔延長術
なぜ今の方法になったのか
20分
ビデオパネル 乳房再建健側の乳房増大術
どう対称性を得るか
20分
教育講演 顔面解剖の理論
―合併症予防のヒント―
30分+10分
教育講演 培養組織の美容外科への応用
今はここまでできる
30分+10分
教育講演 美容外科で遭遇する眼瞼痙攣の診断と
最新の治療
40分+20分

(5)座長の方へ

開始予定時刻の10分前までに次座長席にお着きください。
口演、質疑応答時間を厳守して、ご分担の時間内に終了するようご配慮願います。

3. 「機関誌掲載用原稿」提出

PC受付時に機関誌掲載用抄録を必ず提出してください。パソコンなどで印刷した抄録を原則とします。
一般演題は800字以内、シンポジウム・パネルディスカッションは1,200字以内です。ご提出のない場合は、プログラム抄録で代用させていただきます。

4. 質問をされる方へ

質問・討論をされる方は座長の指示に従って、所属・氏名を告げてから発言してください。発言後は必ずその内容を質疑応答用紙に記入し、PC受付に提出してください。提出のないものは発言がなかったものとみなされます。