顎のヒアルロン酸注入の失敗について|失敗のケースとその対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
鼻と口元の間にヒアルロン酸などの注入施術を受けている顔今回は顎のヒアルロン酸注射をして失敗してしまった症例を紹介しています。フェイスラインをシャープにするための施術として人気の治療ですが、クリニック選びを誤ると症状が改善しないどころか副作用や失敗が起こるケースがあります。

顎のヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸注射とは、人の皮膚の中に含まれる美容成分を注射によって注入することで高さを出すことが出来る治療法です。あごに入れると目立たなかった部分がシャープなラインになりますのでフェイスラインをスッキリとさせたい、高さを出したい人に特に人気の治療法です。 顔全体のラインがシャープになるので小顔効果も期待できます。顔が四角いのが気になる場合にはボトックス注射併用してをエラに打つことでさらにシャープなラインになります。 また、顎にヒアルロン酸注射をする場合の費用の相場としては、最も安いプランで1万円前後で施術を受けることが可能です。 高価格帯のクリニックになると10万円程度かかるところもあります。価格設定についてはどのメーカーのどの薬剤を使うかによっても大きく異なりますし、クリニックが有名か無名かどうかによっても異なります。

顎のヒアルロン酸注射の失敗

ポイントや注意点を教えている女性医師

内出血が出ることがある

顎のヒアルロン酸注入の失敗例として、内出血が出ることがあります。内出血は注入系の施術に多い症例ですが、それほど大きい失敗とは考えられておらず、ほとんどが一過性のものです。 部位が顔ですので目立ちやすいデメリットではありますが、時間の経過とともに症状は改善しますのであまり心配は必要ないと考えられます。触ったりこすったりすると症状が悪化しますので、当日は熱いお風呂に入浴するといった行為は避けて安静にすると良いでしょう。

効果が出なかったり、すぐに元に戻ったりすることがある

顎のヒアルロン酸注射の失敗例で多いのが効果があまり出なかったり、すぐに施術前の状態に戻ってしまう例です。これは本当に効果が出ないという事だけではなく、施術を繰り返しているうちに慣れてしまい、より大きな効果を患者側が期待するといったケースもあります。 本当に効果が全く出ていない場合は、術前の写真と比較してやり直しをしてもらえるクリニックが殆どですので、術前の写真と比較してあまりにも効果がない場合には再度施術を申し込みましょう。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

施術・治療に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

アレルギー症状が出ることがある

顎の施術のデメリットとしては、アレルギー症状が出ることがあります。アレルギー症状は人によって出る場合とでないケースがありますので、個人差が大きくなりますが体質によるものが大きいと考えられます。 症状は赤く腫れたりかゆみや痛みが出るといったものですが、ほとんどアレルギーが起こることはないといわれています。メーカーによっても成分は異なりますし、メーカーによってはアレルギーが出ないこともありますので心配な場合は事前に少量注入する方法をとると良いでしょう。

顎が大きくなってしまう

顎のヒアルロン酸の失敗例で、あごが大きくなってしまうケースがありますが、この原因としては施術する個所を誤っているケースが見られます。 横から見たときに患部の下方向に注入するのではなく、斜め前に出るように施術するのが理想的な注入方法ですが、この注入方法を誤ると顔が四角く見えてしまう原因にもなりますので、カウンセリングをしっかりして希望する術後のイメージを伝えることが重要です。失敗した時には溶解剤を使えば症状を改善できます。

今すぐ専門家に相談したい方
0120-905-130

施術・治療に関する
相談・名医紹介依頼はこちら

しこりになってしまう

顎にヒアルロン酸を入れた場合、しこりになってしまうことがあります。これは医師の技術不足や知識不足によるものが大きいですが、この成分の特徴としては溶解剤を使うことによって症状を解消することが出来ますので、他のアンチエイジングの注入剤よりも安全ということが出来ます。 実際しこりになってしまったり仕上がりが気に入らない場合溶解剤を使った施術を希望する方も少なくありません。他の注入剤ではこうした溶解剤が無いものもありますので、比較的安全な治療と言われています。

皮膚が壊死してしまう

顎にヒアルロン酸注射をした場合の失敗例としては、皮脂が壊死してしまうケースがあります。これは顔にある動静脈がヒアルロン酸を入れたことによって詰まってしまい、その結果皮膚が壊死してしまうのが理由です。 こうした症状が起こるケースはかなり稀ではありますが、万が一症状が起こった場合にはヒアルロン酸溶解剤と呼ばれる薬剤を患部に注入することでこの症状を緩和することが出来ます。できれば治療を受けたクリニックで対応してもらうと良いでしょう。

ヒアルロン酸を打ち続けてしまうと・・

顔に注射を打っている女性ヒアルロン酸を打ち続けてしまうと、変化に見慣れてしまった影響により他者から見て違和感のある顔になってしまう可能性があります。 そういったケースを避けるために、医師に相談することをおすすめします。 信頼できる医師ならば、適切なところできちんと止めてくれるはずです。

失敗してしまった場合の対処法

綺麗な顎のラインをしている女性の横顔万が一、ヒアルロン酸を注入しすぎた、しこりになっているなどの失敗をされた場合、ヒアルロン酸を溶かすヒアルロニダーゼという製剤を使用します。 皮下に注入すると数時間で効果が見られます(※効果には個人差があります) また、注入してからすぐの場合ではなく2年程度が経過したヒアルロン酸でも溶かすことが可能です。

ヒアルロン酸注射で失敗しないために

どれを選べばいいか悩んでいる女性 失敗しないためにはまず医師やクリニック選びが重要です。経験や技術力を持つ医師に治療を行ってもらうことで、より自身に適した治療を行ってもらえるでしょう。 また、そのような医師やクリニックの場合カウンセリングの対応がきちんとしているケースがほとんどです。 とは言え自身で良い医師やクリニックを選択することはなかなか難しいことでもあります。そこで美容医療相談室に相談することをおすすめします。

医師選びで失敗したくない方へ

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性

「美容医療相談室」が最適な情報をご案内します

今回は顎のヒアルロン酸における失敗例や対処法を紹介してきました。しかし、 ・どのクリニックがいいかわからない〇〇クリニックの施術を実際に受けた人の口コミを聞いてみたい近くの地域にあるおすすめのクリニックを知りたい など、もっと詳しく知りたいという方も多いかもしれません。また「ヒアルロン酸注入の施術は〇〇先生がいいって聞いたけど実際はどうなのかな?」という方もいらっしゃると思います。 そのような場合には一度「美容医療相談室」にご相談ください。「美容医療相談室」では、経験豊かな専門スタッフが美容医療・美容整形に関するあなたの疑問・質問にお答えします。

美容医療相談室の3つの特徴

【特徴①】豊富な知識を持つアドバイザーによる情報提供ノートを取っている女性 美容医療相談室では、美容医療の施術や全国の医師・クリニックについて豊富な知識を持つ「元美容外科スタッフ・看護師のアドバイザー」が在籍しております。 そんなアドバイザーが、これまでに蓄積してきた全国1000件以上のクリニックのデータを最大限活用してあなたに合った情報を提供しています。 【特徴②】相談件数は3万件以上!学会情報や口コミ等に基づいた情報・名医紹介クリニックでカウンセリングを受けている男性と医師 美容医療相談室には、日々さまざまなお声が寄せられます。その中には、特定のクリニックの「良いお声」もあれば、「不満のお声」もあります。 その他にも定期的に実施しているアンケート結果の内容など、実際に施術を体験された方だからこそ分かる生のお声も重要な情報ソースの一つとさせて頂いております。 また、学会での発表内容医師の持つ資格医療機関や医師へのヒアリング美容外科関連書籍などをもとに、客観的・中立的な立場での情報提供を心がけています。 【特徴③】相談料一切なし!無料で相談・名医紹介を受けられる電卓とノート美容医療相談室へのご相談は無料でお受けしています。また何度ご相談をいただいても全て無料なので、少しでも疑問がある場合はぜひご相談ください。

失敗しないためにも医師選びはとても重要

男性医師ヒアルロン酸注入を受けるときにはしっかりと技術力のある医師を選ぶことがとても大切です。 「名前を聞いたことがあるから」や「値段が安いから」などの理由でクリニックや医師を選んでしまうと、希望通りにならなかったり、トラブルに繋がったりする可能性が高くなります。 また万が一カウンセリングで、リスクや失敗などについて「ちょっと聞きづらいな...」と感じる場合には「美容医療相談室」にご相談ください。 十分な情報が得られずに施術を受けてしまうと、施術の失敗や術後のトラブルに繋がってしまう可能性があるので、ヒアルロン酸注入について気になる点は施術を受ける前に全て確認しておきましょう。

関連記事