豚鼻とは|特徴・3つの原因・治す方法について詳しく解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

豚鼻の原因って一体何?

豚鼻とは鼻の孔が正面から開口している状態の鼻のことを指します。鼻は目立たない程度がバランスが取れて美しいといわれています。その意味では鼻の孔が視野にはいると悪い意味で目立ってしまい、コンプレックスを感じていることも珍しくありません。今回は、鼻のコンプレックスのひとつである豚鼻の原因について紹介します。

豚鼻とは?

人の顔は正面から見た場合、鼻の孔は顔の稜線にそって平行方向を向いているので、孔を正面から確認することは難しいのが一般的と言われています。見えたとしても、せいぜい鼻筋にそって顔の下方向に向かって伸びるシルエットの下端にくぼみ状に凹みがあることを確認することができる程度のようです。しかしながら豚鼻では鼻の孔が正面に見えるだけでなく、鼻翼や鼻中隔周辺が大きく見え、文字通り豚の鼻に似て見えるのが特徴です。

豚鼻の原因について

(1)先天的遺伝によるもの

豚鼻は幼少期からその兆候が明白な場合も少なくないことから、先天的な遺伝要因が大きいと考えられています。鼻には軟骨や脂肪分が存在していますが、これらの位置関係や肉のつきやすさなどは両親から継承されることが多く経験されているからです。鼻などの特徴は父親、母親の染色体上の遺伝子を受け継いでいることから、両親または祖父母が豚鼻の場合豚鼻になる可能性があると言えます。

(2)うつ伏せで寝るのが習慣化されている

豚鼻になる原因としては後天的要因も大きく影響しています。特に注意が必要なのはうつ伏せ寝の習慣です。鼻は軟骨と脂肪で形成されています。ところがうつ伏せ寝をしていると、枕のような軟らかい素材でも圧迫されて潰れてしまうことがあります。その結果軟骨に異常が生じて、鼻が変形してしまうリスクがあります。

(3)体重増加による鼻下の脂肪が増えたことによるもの

体重の増加はもちろん顔にも余計な脂肪の付着をもたらします。鼻翼周辺には比較的脂肪が多く分布しているので、脂肪細胞に余計な脂肪が取り込まれると、顔の印象も変わってきます。頬や顎下に余計な肉が付くイメージがありますが、鼻の周りの脂肪も当然増加します。そのため後天的要因として、肥満は鼻の形状と密接な関係があると言えるでしょう。

豚鼻の対処法はセルフケアか?美容整形か?

豚鼻にはセルフケアによる改善策もあります。例えばノーズクリップで鼻をつまむ、冷水で冷やして毛細血管を収縮させて小さくするなどの方法です。しかしこれらは一時的な効果は期待できますが、永続的なな効果は得られないでしょう。長期的な効果を得たいのであれば美容整形を視野に入れても良いでしょう。手術方法もヒアルロン酸注射から切開手術まで状態に応じて、様々なあるので自身の希望に適した施術を受けるようにしましょう。

豚鼻の原因は先天的なものから後天的なものまである!

豚鼻の原因には先天的要素が強いですが、肥満やうつ伏せ寝などの後天的要因も無視できません。ケアとしてはノーズクリップなどのセルフケアもありますが効果は一時的です。根本的に治療をしたいのであれば美容整形を考えてみるのが良いかもしれません。美容整形術の場合、ヒアルロン酸注射から切開する隆鼻術まで、色々な治療法から選択できるので自身の希望に適したものを選択するようにしましょう。

関連記事