二重術を検討していて、「仕上がりにこだわりたいし上手な先生が良いな〜」とお考えの方。美容医療相談室は、そうしたご要望をお持ちの方には、まず形成外科学会の専門医を取得されている先生が在籍しているクリニックをオススメすることがあります。

今回は、そんな形成外科の先生方がかつて学んだかもしれない形成外科学会の教育関連施設であるイセアクリニックで行われている二重整形について深掘りしていきたいと思います。

そもそも形成外科学会の教育関連施設ってなに?

日本形成外科学会の専門医資格を習得するために臨床経験(実際の施術の経験)を積む施設のことを指しています。シンプルにお伝えすると、「難易度の高い資格に挑戦する医師が集い、医師を教える医師がいる施設」です。

この施設に認定されるためには
・入院手術数または全麻手術数が年間80例以上であること
・学会発表・論文発表といった教育研究活動を行っていること
・形成外科年間カリキュラムを有すること
・日本形成外科学会の専門医が常勤していること
引用元:イセアクリニック公式

といった数々のハードルを突破しなければなりません。それらをクリアした施設が、このイセアクリニックなのです。

美容医療相談室がオススメするイセアの二重術とは?

  美容医療相談室では、二重整形、特に埋没法を検討されている方からの相談も多く寄せられています。そんな時、私たちはイセアクリニックをご紹介することも少なくありません。

では、どうしてイセアクリニックなのか?

もちろん、先ほど述べたように厳しい試験を突破し日本形成外科学会の教育関連施設であることも理由の一つではありますが、実はそれ以外にもいくつか推したいポイントがあるのです!ここでは、その理由についてご紹介していきます。

イチオシポイント①【定額】で【点数制限の無い】埋没法

  特に、いろんなクリニックを比較・検討されている方に是非ともオススメしたいポイントです。驚かれるかもしれませんが、イセアクリニックは埋没法の留める点数で料金を変えることは一切していません。つまり、料金は一律のまま"点数制限はない"のです!

おそらく、当相談室が把握している限り、こうした何点でも留めることができて「定額」である、というメニューを打ち出しているのは国内ではこのイセアクリニックぐらいなのではないかと思います。

より埋没法を強固に仕上げたいけど、留める点数が増えると高くて・・なんてお悩みを抱えている方は、是非一度相談してみてはいかがでしょうか。

イチオシポイント②不安を最大限取り除く【痛みへの対策】

  目元の施術を行う上で、術前から術中、術後における"痛み"が心配という方もいるのでは無いでしょうか?イセアクリニックではこうした患者さんの声を元に、痛みに対する様々なサービスを提供しています。

そもそも、目元の施術は局所麻酔を使用しています。これにより、施術時における痛みを抑えることができるのですが、肝心のこの局所麻酔を注射する時が痛いという背景があります。

よって、イセアクリニックではこうした悩みを少しでも解消すべく、術前のクーリングを始め表面麻酔※1や通常よりも細い注射針※2、笑気麻酔※3といった様々な方法を用意しています。

※1:目薬タイプの薬剤で、目元の感覚を鈍らせることで局所麻酔を打つ際の抵抗感の軽減を図ることが期待できる麻酔
※2:注射針は細ければ細いほど痛みを感じにくくなるという観点から、34Gというシャープペンの芯よりも細い針を使用することで痛みや内出血を抑えることが期待できる方法
※3:鼻から笑気ガス(亜酸化窒素)を吸い込むことで、まるで酔っ払っているような感覚になり、痛みや恐怖心の軽減を図ることができる麻酔(別途費用がかかります)

イチオシポイント③【片目だけの二重整形】もOK!

  しばしば、片目だけの二重整形ってどうですか?という質問も寄せられてきます。こうした片目の二重術については、顔全体のパーツの大きさでバランスがおかしくなってしまうこともあり、ご紹介する医師なども絞られてきます。

しかし、イセアクリニックではそうした「仕上がりのバランス感」に長けた医師が在籍していて、実際の症例も数多くこなしているのが実態です。

カウンセリングに訪れた際は、実際にそうした症例写真などを見せてもらいながら、「自分の目の場合だったらこうですね」「その場合はこっちの施術が望ましいですね」など、丁寧に教えてくれるため、不安を抱えた方でも安心して施術に臨むことができます。

また、ダウンタイム時のカバー方法(ケアの方法だけでなく過ごし方やバレにくい対処法)なども公式サイトでは紹介してあるため、目を通してみると良いかもしれません!

参考:
【写真付】二重整形は片目だけでもできる!術後役立つバレない言い訳

イチオシポイント④【凄腕のドクター】が在籍

    ここで紹介する"凄腕のドクター"とは、美容医療相談室の記事内ですでに何度か登場しているためご存知の方もいるかもしれません。

今回改めて、実際治療を受けた方の口コミなども踏まえ、ご紹介していきます。

【吉種 克之(ヨシタネ カツユキ)総院長】


吉種 克之先生は、イセアクリニックの総院長でありながら、現在で第一線で活躍されているドクターです。日本形成外科学会の専門医資格も取得されていて、この美容外科領域において長年現場に立たれてきました。

よく耳にする意見がありまして、吉種先生はカウンセリングの際、希望とする目元のデザインを理解した上で、その人の良さが失われてしまうのであれば、しっかりと「NO」を言ってくれる先生です。

お金儲けを第一に優先する美容クリニックであれば、そこはある意味患者さんの言いなりになってしまう医師もいるかもしれませんが、先生はあくまでも真摯に患者さんの未来に寄り添う姿勢を、これだけキャリアを積んでもなお持ち続けてくれている先生なのです。

昭和61年 東京医科大学 卒 昭和大学形成外科 入局 外科、整形外科、麻酔科 研修後 大学関連病院にて形成外科、美容外科 研修
平成7年 神奈川クリニック勤務 理事、指導医、診察部長 歴任
平成22年 東京イセアクリニック 診療部長
平成23年 東京イセアクリニック 渋谷院院長就任
平成27年 東京イセアクリニック総院長就任 銀座院院長と兼務
 
  • 日本形成外科学会認定 専門医
  • 日本美容外科学会(JSAS)認定 専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  当然、仕上がりでの満足度の高さはもちろんですが、そうした人柄や美容医療に対する姿勢に感動した、という意見もいただいています。

 

◎美容医療相談室に寄せられた良い口コミ1

"腫れぼったい一重まぶたが子供の頃からコンプレックスでした。あからさまな二重ではなく埋没法を勧めてくれた先生のおかげで、周りに美容整形をしたと気づかれていないのは嬉しいです。今では自分の顔に自信が持てて毎日が幸せです。"


◎美容医療相談室に寄せられた良い口コミ◎
"カウンセリングの時にこちらの疑問、質問に対して丁寧に分かりやすく答えてくれました。施術の流れ、リスクについてもしっかりと話してくれるので信頼感があります。施術後も違和感がなく、アフターサービスも万全で満足しています。"

 

自分の望む二重を手に入れるならイセアクリニック



二重の施術は美容整形を初めて受ける方も多く、クリニックの選び方を間違えて思わぬトラブルになってしまった方も少なからず耳にします。そんな相談が当相談所に寄せられるたびに、「あぁ・・腕の確かな、それでいて思いやりのある先生がいるクリニックで受けていてくれたら・・」と苦々しい思いを抱くこともあります。

ここまで読んでいただけた方はお分かりかと思いますが、イセアクリニックはそんな思いを抱かせることのない、確かな実績と高い満足度を誇る「医師が教える医師がいる」クリニックです。

初めてで不安な方でも、また色んなクリニックを回っても答えが見つからなかった方にもオススメできるイセアクリニック、是非検討してみてはいかがでしょうか?

【東京イセアクリニック 銀座院】
住所 東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
電話番号 0120-963-866
診療時間 11:00~20:00

東京イセアクリニック
東京都内に4院(渋谷・新宿・銀座・池袋)と新潟で診療。全ての患者様に、常に最高の治療とサービスがご提供できるよう努力し続けるとともに、患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。
吉種克之先生

関連記事

東京イセアクリニックへの予約・問い合わせ
お名前 <必須>
ふりがな <必須>
生年月日 <必須> 年  月 
性別 <必須> 女性    男性
お住まいの都道府県
<必須>
電話番号 <必須>
メールアドレス
<必須>
希望医師 <任意>
ご相談内容
<必須>
お問い合わせ・予約内容
<任意>
カウンセリング希望日時 <必須> 【第一希望】


【第二希望】


【第三希望】

※確定日時は、こちらから折り返しご連絡差し上げます。
※カウンセリング日時は、予約状況によりご希望に添いかねる場合がございますので、予めご了承下さい。

カウンセリング当日の施術希望
<必須>